帯揚(おびあげ)

お祝いの席やお友達とのお食事、観劇等、、着物を着る機会に「どんなお着物を着ようかしら?」と思った時、用意するものはもちろん「着物」と「帯」ですね。しかし、美しい着物姿は、着物と帯の組み合わせのみでつくられるものではありません。「帯揚」「帯締」「伊達衿」「半衿」など着物と帯以外の小物の役割はとても大切です。

もし一見、平凡かなとか少し昔の雰囲気がするかな。。と感じる着物や帯がありましたら、色や柄を効果的に用いた小物のあしらいで変身することができます。また一枚の同じ着物と帯でも小物を変えることで、雰囲気はかなり変化し、異なる印象になります。着物によっては、「華やかに」「品よく」「粋に」「個性的に」など小物つかいで様々なコーディネイトを楽しむことができます。今回は、小物類の中でも大切な位置を占める帯揚について取り上げてみたいと思います。

<帯揚の歴史>

帯揚が着物の世界に登場したのは、意外と最近(とはいっても)江戸時代後期のことです。当時の錦絵を見ると、帯の幅を二つに折らずにそのまま胴に巻き、背中で様々な形に大きく結んでいます。帯結びは腰の下に垂れ下がるほどで、この大きな帯結びを支えるために使われるようになったのが「帯揚」でした。

<帯揚は着物コーデの魔法の小物の1つ>

現在、帯揚は、機能的にはお太鼓結びをする際に帯枕を包んだり、銀座結びなどでは帯山の形を作ったりすることに用いられます。しかし、何よりも美しい着物姿コーディネイトのキーポイントの役目をになっています。見える部分は、帯の上に少しだけ、でも着物姿全体の「効き色」として、または同色コーディネイトですっきりと優しい感じに仕上げる、など「今日はこんな感じの着物姿にしてみたい」という思いを形にしていくために「帯揚」をあれこれと合わせてみます。すると、帯揚を変えることだけで着物姿全体の印象や雰囲気がかわっていく魔法のような小物ということにお気づきになるかもしれません。

<帯揚にも「格」があります>

着物には「格」があるということをお聞き及びになったことがあると思いますが、思い切り簡単にお話しすると、カジュアルかカジュアルでないか。洋服でもホテルの結婚式に参加するのか、それともお友達とご近所に気軽なランチに行くのかでは選ぶ洋服や靴も違いますよね。ほんの少ししか見えない「帯揚」ですが、「帯揚」にも「格」があります。

例えば、既婚女性の正礼装である五つ紋付の黒留袖には、白(金糸や銀糸がはいっていてもOK)の帯揚を合わせます。カジュアルな着物の紬には、金糸や銀糸がはっきりと入ったものはあまり合わせません。合わせ方は、これまでも時代とともに変遷してきていますし、もちろん規則などはありませんので自由ですが、冠婚葬祭など家を代表するようなお立場や様々な年代の方がご出席なさる場は、「格」の基本を踏まえた装いをお勧めいたします。でもカジュアルな場であれば基本を知ったうえで敢えていろいろなコーディネイトを試してみることもとても勉強になりますし楽しいことではないでしょうか。

<帯揚には材質、柄、色様々なものがあります>

「帯揚」は着物や帯と比べたら比較的安価で豊富な色柄ものがあります。材質も様々、桜や梅、トンボ、雪輪など季節ものや菱模様等様々な柄がありますし、色も1色ではなく3色のグラデーションが入っているものなど1枚3役の帯揚もあります。

<「着方」「知ること」「見ること」帯揚げコーデを楽しんで!>

着物姿を考える時、ぜひ帯揚は1枚ではなく数枚載せてみて着物の変化をみてみてくださいね。長沼静きもの学院では、「着ること」帯揚げの結び方を学び、「知ること」テキストを使いながら、TPOに合わせた着物の知識を知ることはもちろんできますし、「見ること」講師も季節や着物の種類、着物の雰囲気によって帯揚を変えています。長沼静きもの学院のレッスン内容や講師の先生との帯揚のお話、授業の中での「帯揚コーデ」をぜひ楽しみになさってください。