着物の歴史|「着づな」時代を超えて日本の心を伝える着付け教室長沼静きもの学院

私たちが世界に誇る民族衣装、きもの。日本の長い歴史の中で、その時代の社会、思想、文化をデザインや着方に反映させながら、着物の美しさは受け伝え継がれてきました。しかし、戦後急速に着物は日常の生活の中から離れ、それから長い月日が経ちました。日本のこころを伝えるために、ふたたび着物を「着る」ことを通じて、過去から未来へとつないでいくべきものを見直す時かもしれません。今回は少しだけ着物の歴史をみてみましょう。

◆江戸時代 時代を経て磨かれていったきもの文化 

天下泰平といわれた江戸時代、栄華を極めた商人を中心にきもの文化は一気に開花します。友禅染が生まれ(糊防染という技術が生まれ、それまでの織などで表現されてきた文様表現からあらゆる模様を絵のように着物の上に表現がされるようになりました。それによって着物のデザインの美しさの表現の幅は格段の広がりを見せていきます)。また着物の帯の幅は細いものから幅広の帯への変化していき、多種多様な帯結びが生まれました。幅広になった帯を支えるために使われるようになった実用をかねた装飾が「帯揚げ」です。

現代の帯結びといえば、「お太鼓結び」が主流になっています。上下にやさしいカーブをつけた帯結びですが、この「お太鼓結び」も江戸時代後期に始まったものです。

同時に、立場や場所によってきものの格や調和を重んじる約束事がいっそう確立されていきました。

衣服は、その時代の社会の仕組みや価値観、生活によって常に変化をしてきています。そしてそこに必ずといっていいほど「美しさ」という感覚も傍らに寄り添っていることが多く、長い歴史がある日本の民族衣装である「着物」もその例にもれません。

長沼静きもの学院 着付科では、日本の着物の歴史的な背景も楽しく学ぶことができます。着物を着る技術ももちろん大切ですが、歴史や現在も残されている絵巻物や屏風、当時の着物の展示なども機会がありましたらぜひ見てみてください。もしかしたら、ご自分のお着物のどこかにも歴史の中と同じデザインがあるのを見つけたり、色の配色や着方にも新しい発見があるかもしれません。